ほしといしと占いのみかみまきのサイト

あおいとりプロジェクト

丹田のはなし。

2017年03月31日|Days, Impression, memo, やまねこクロニクル

◎4月3日はお休みをいただいています。
代打でかわさきゆきこさんがトナカイにいますよ。激レア!!
多分頼めば鑑定をしたあと、それにあったいろいろ調合してくれるよ。
材料がない場合は後から送ってくれたりします。

★次のみかみの鑑定の日は4月10日11時~21時通常鑑定です。
場所はウラナイトナカイ

あおいとりアクセサリー、新商品アップしました。

*****
このところ、自分の丹田についてばかり考えています。
丹田というのはなんというか、イメージ的に骨盤と背骨の継ぎ目イメージです。
仙骨と対というか、筋肉についている集中点。

 

そして、腑に落ちる、腹心の、腹を割って話すなど、
外から取り込んだ様々なものを消化し、肉体に還元していくところ。
体を支える支点になっているようにも思います。

 

精神的中継地が眉間とするなら、
身体の生存本能はここで培われるのではないかなと思っていて、

丹田は軍隊が命令を受ける指令本部みたいな気もします。
指令を出すのはアジナ、第6チャクラ、第三の目。
それを腹が納得してcopyしたら実行という感じでしょうか。
体がより快適にバランスよく動く効率よく動くために
この二つ、頭と体のバランスは大事ですね。

(頭と体のバランスが心な気がしています、ちなみに)

 

まっすぐシンプルに生きてきていないタイプはこの指令系統がひねくれている気がします(わたし)。
ベースの基盤にゆがみがあるというか、一瞬止まって考えてしまう。骨盤のゆがみなのかもしれませんが。

**
そして、わたしの話。
(主観と所感の話なのでそのつもりでお読みください。)

 

水晶を始めた頃、そういう思考のゆがみみたいなものを
理解するワークを主にやっていて、自分のチャクラを他の人に見てもらったり
自分でのぞいたりしていました。
(そういうsortingにある癖みたいなものが個性ですが)

そこでは主に下の方のチャクラを見ていて、
タットワになぞらえて、
第一チャクラをムラダーラ(黄色い四角・土のエレメント)
第二チャクラをスワジスターナ(銀色の月・水のエレメント)
第三チャクラをマニプラ(赤い三角・火のエレメント)
などを自ら見たりしていたわけです。
どういう状態か見るために。

 

第一と第二は忘れたのですけど第三は真っ暗な海に進む商船が数隻走っていて、
でっかいドラゴンが火を噴いて全部焼き払っているビジョンでした。

最初のころ、わたしの丹田ドランゴンが守護神かっこいいー!とか
馬鹿なこと思っていたのですが、こういうのは象徴なので
何がというよりは、どういう状況なのか?ということが大事なんだなと
最近はたと気が付いたのです。

 

商船というのは私が思う象徴的に、「外からの影響を持ってくるもの」。
戦いに来ているわけでも、攻撃の意志があるわけでもない。
珍しいものを得るために、商売に来ているわけです。
でも、肝心のドラゴンは無差別に外界のアクセスを焼き払っていたわけです。
圧倒的な力というか、やりすぎ感半端ないですよね。必要以上の拒絶、さらに攻撃。
なんと柔軟性のないことでしょうね。鉄壁です。

 

最初これは、いいことだと思っていたのですけど(防御力高いし)、
ある日ヨガをやっているときにあまりの腹の引っ込まなさみたいなものを
指摘され、最初は「中年だし贅肉っしょ」と思ってましたが
そういうのとも違う「心理的なこと」があるんじゃないかとともだちに指摘され、
すごいはっとしました。そうかもなーとか。

 

肉が物理的に邪魔とかそれももちろん大いにありますが(笑)
そういう単純な話でもないかもなあと。

 

40歳も過ぎると、新しいことが受け付けられなくなってくるといいますが
こういう、腹の硬化も頭の固さに近いかもなあとか。

 

それからしばらくして、
鍼灸院に通ってるのですがそこでおなかに針を刺した次に日に
チャイルドポーズをしたら、ぺったりとできたんですよね。びっくりしました。

今まで、おでこが付けば尻がかかとから浮く状態で
これは一生できないぞと思っていましたが
体重が変わらない状態で、こうも簡単につくとは!!目からうろこが落ちました。

身体能力というのは使わないとわからないし、届かない感覚だと思うのです。
チャイルドポーズができるようになるまでわたしはおなかの固さに気が付きませんでした。

 

20代は、戦いの日々という感じでいた。
目標があって、やるべきことがあって疑いを持たずそのまま自分の目標に突き進んでいました。
やるべきこと=わたしがやりたいことがしっかりリンクし、
ぶれる必要がなかったし、そこで固まってしまったんだろうなと思います。

捕らわれる、閉じ込められるは時にして防御でもありそこは有能なのですけど、
その限られた空間で正しさをはじき出してしまうのはもったいない気もします。
わたしはもっと広い世界を見たいし、感覚を広げたい。
丹田の防御力はたまにとても邪魔になる。意識的に緩められるようになりたいと思いましたね。

 

今は、別に戦わなくてもいい状態。
どちらかというと、外に敵がいて自分にかまう暇がなかった20代と比べて、
40代は自分自身の欺瞞や怠惰が敵になってくる。
20代のように外に原因を求めているとおかしなことになりますね。

ある程度外のことは必要最低限わかってきて、対応する要領もよくなって、
あとは衰えゆく自分の体に対応する時期なんだろうなと思ったのですね。

 

わたしは火星と金星がミューチュアルレセプションなので、
金星期に火星っぽいことをし(サインは蠍)、
火星期に金星っぽいこと(サインは牡牛)をしている気もしますね。
土星が6ハウスを通過中というのも相乗効果としてあると思います。

 

とにかく丹田をフレキシブルにするのが大事だと思います。シフトチェンジするというか。
丹田を意識する。若いころはそんなことしなくても生まれつきの才能のように使えてましたから。
大人になって頭でっかちになっていくと、肉体感覚がうまくつかめなくなっていくのかも。
体を使って動くことがどんどん減って、頭勝負のような幻魔大戦状態。
第一産業のような、肉体労働を軽視する文化的背景もあったからとも思いますね。

本当はそこが一番大事な仕事なのに、仮想世界でのやり取りが本当の仕事であるように錯覚していました。
地球に生まれたからには、体大事。体に魂がのってバランスをとるのが大事な気がします。

20代と比べてあれこれの戦いに結論が出ていると、何かに逆らって戦って進むべき道というのがなくなって、
太陽の土台がだいたいできて、あとは個人の努力次第積み上げ次第の年齢だからとも思います。
あとは個人の体力勝負。体力が足を引っ張らないようにしていく努力にシフトチェンジな気もします。
努力という言葉はアレですが、時間を何にかけるか?でしょうね。意識を何に傾けるか?でもあります。
時間とは物理的なものだと思いますし。そういう意味ではこういうのがマインドフルネスなのかもしれませんね。

 

今年は
木星が10月11日に蠍に入り、
土星が12月21日に山羊に入ります。
またしばらく風が劣勢の雰囲気が続きますね。どんな課題が来るかということについては、
予習ができるような気がしますね、山羊とか蠍とかだと。
しかし、予習を実際したか?が大事な気もします。
次に行きたい人は、次を理解できるように現在をしっかりさせる。
そして、次に行くための準備をする、そんな感じします。
わたしは、完全に体がダメですので、知識を得る本を読むより今はそっち優先させていますね。本能的に?

あと、ひとつ、今面白いと思っていることは
鍼灸院の先生に
わたしは
「(多分良くも悪くも)やりたいことしかやってない体」と言われました。
やけ食いとかじゃないし、ストレスでふとるとかでもない。
多分ですけどただの怠惰と、病気(体質)です、笑。

そういう主観で満ちたやり方は良さそうに見えて個人の感覚に閉じ込められ、バランスは悪いよなあと。
(とっても北半球過多っぽい行動すぎますね)

そういう個人のコントロールに置かれた人生はサプライズがなくて面白くない気がします。

その打破一環として、フィットネスをまず始めた気がしますね。
次にオイリュトミーみたいな自由に動いて系のダンスにも挑戦してみました。
ちょっと意識の改革に貢献した気がします。

わたしは、興味を持たず対応する側の意識を最初から持っていたので
踊っている自分自身と、それに興味を持たない環境という組み合わせにはすぐ気が付き、
そっか自分が楽しければいいという踊りとはこういうことか
そして往々にして他人はそれに興味がないので、気にしなくていいのだと思いました。
そう思えば痛い自分という風にはならないかも。何が嫌って、哀れに思われる対象が自分であるということだなと。
でも、よく考えたらその思っている人の思考は私には関係ない、関係ないから配慮する必要もないかもと、
なんとなくひらめいたのが最近の気づきです。

*****
ちなみにムラダーラは骨盤自体。体を立たせるために変形した骨。
土台で、現実力。今まで積み上げてきたもの、経験してきたもの。
経験したり、行動の結果が肉体なわけなので(状態も含めて)過去の積算結果ですね。

スワジスターナは受け皿であり、受けた結果波紋のように残っている
余韻のようなもの、感情。過去に積み重ねてきたものが反応として感情を作り上げるものだと私は思っています。

なので土と水のエレメントは過去から派生するもの。

火は、今燃え上がっているものです。燃える要因があれば、燃える。
なので今、今ここにしかないエネルギー。
第三チャクラは人生を推し進めるときに生存本能的力で世界に切りかかっていく力だと思います。

***

※地道にお灸も!結構面白い。
IMG_2876


Profile

みかみまきプロフィール写真
みかみ まき

西洋占星術師&アクセサリーデザイナー、水晶占い師占星術・タロットをまついなつき氏に師事、占星術と水晶透視を松村潔氏に師事しております。詳しいプロフィール

noteつかってます